製造ブログ

2012年11月23日(金)
川辺ジャズ

11月も後半に入り、市内もお店もクリスマスムードに
なってきましたね♪


うちのアルファもクリスマスケーキの予約を開始し、
店内はクリスマス一色になりました(^^♪



この前、雁木クリスマス&水辺ジャズ
がアルファの近くでありまして、
川辺でジャズを演奏し、その近くで屋台があるのです(^-^)


去年初めてださせていただいたんですが、
今年もそこでタルト、焼きモンブラン、パンを
売らせていただきました(^-^)


好評で、早めに売り切れてしまいました。
買ってくださった皆さん、ありがとうございました(*^^*)


このようなイベントを通して、
パティスリーアルファを知らない方にも
知っていただけたらと思います(^-^)

2012年11月11日(日)
ミルフイユ

北海道では早くも雪が降りだしたみたいですね!
広島で初雪が見られるのはいつになるのか…。
今年の冬はなんだか寒い気がします…。

そんな寒さを吹き飛ばすべく、
今回はミルフイユについてご紹介します♪

以前紹介した、層が沢山のパイに
自家製のカスタードクリームをた~っぷり絞ってます^^

グラシン紙を使ってパリっぽく演出*
素朴な感じが素敵です♪

カスタードクリームを挟んでいるパイは何度も何度もカラメリゼ!
テカッとしたカラメル色がポイントです。

この上に粉糖を降ったラズベリーを乗せて
更にラズベリーの中にラズベリージャムを入れて完成!

ラズベリーの甘酸っぱさもプラスで、
ミルフイユの美味しさを引き立ててくれてます^^


そしてここでミルフイユに関する知識をご紹介♪

ミルフイユって大体の皆さんミルフィーユって言いますよね?
私も以前はミルフィーユって呼んでました。

でもミルフィーユって呼ぶと、
フランス人の人はびっくりしちゃうんです。


ミルフイユはフランス語で書くと

“mille-feuille”と書きます。

milleは千の、feuilleは葉という意味。
合わせて千枚の葉、という意味になるのですが…。
なるほど。沢山層が積み重なる様はまるで
千枚の葉が積み重なっているようですね。

feuilleの発音はフイユ。
でもこれによく似た発音でfille(フィーユ)というのがありまして。
これは娘っていう意味のフランス語です。

つまりミルフイユをミルフィーユと発音してしまうと、
千人の娘というとんでもない意味になってしまうのです!

ケーキ屋さんでミルフイユを注文して千人の娘さんが出てきたら
びっくりしてしまいますね^^


アルファでミルフィーユと注文されても
千人の娘さんが出てくることはありません。笑

が、ミルフイユと注文していただけると
よりフランス菓子店らしさが増すのではないかな、と思います♪

ページの先頭へ戻る